〒115-0045 東京都北区赤羽2-8-2 いさみやビル4F

無料相談受付中
受付時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝日

お見積り依頼やご相談はお気軽に

土地のポテンシャル最大化

土地のポテンシャル最大化

建物のポテンシャル最大化

安全性を担保した長期運用

狭小地・変形地の活用

東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

狭小地・変形地の活用

 都内私鉄「某駅」徒歩2分の立地。40㎡以下の狭小地のため用途に制限がありました。

 土地の有効活用を検討された結果、オーナーはコンパクトホテルによる運用が最適と判断されました。

 木造軸組工法による3階建て。延床面積は約85㎡の2LDKの間取りのコンパクトホテルを建築。

 
 

「嫌悪施設」を気にしない

東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

パチンコ店

 嫌悪施設は周辺の土地の地価に影響を及ぼすマイナス要因。土地活用の観点からも一般住宅の建築は敬遠されます。

 ところが嫌悪施設があってもコンパクトホテル、アパートメントホテルの用途にはほとんど影響がありません。宿泊施設を利用する訪日外国人は嫌悪施設のことを気にしません。

 墓地、斎場、パチンコ店、ラブホテル、飲食店などが周辺にあることで利用が制限され土地価格が低くなるのであれば、初期投資を抑えることができるかもしれません。

 

「騒音・振動」気にしない

東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

線路脇の土地

 騒音や振動が気になる線路沿いや幹線道路沿いの土地は居住用には敬遠されます。

 交通量の多い都市部の幹線道路沿い、過密ダイヤで運行される線路沿いの土地は、居住に適しているとは言えません。

 住環境を損なう要因は幹線道路や線路だけではありません。モノレールの振動や騒音、橋や橋脚による日陰など数多く存在します。

 しかし交通機関による騒音や振動などの住環境を損なう土地であっても、ホテル用途であればさほど問題にはなりません。環境デメリットにより土地購入価格が低くなれば初期投資を抑えることができます。

 
 

基準法改正 建蔽率10%緩和

2019年6月建築基準法改正により緩和

 準防火地域における準耐火建築物の建蔽率を10%緩和する建築基準法改正が2019年6月に施行されます。

 よく知られた建蔽率の緩和措置には、角地緩和がポピュラーですが、それ以外にもいくつかあります。

 公園に隣接した土地や二本の道路に挟まれた土地、道路は満たさなくても公園や川がある土地、防火地域における耐火建築物を建築する場合などさまざまなケースがあります。

 今回の準防火地域において準耐火建築物が建蔽率の緩和適用になることで土地の有効活用の幅が拡大することは間違いありません。

 
 
 
東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

住所

〒115-0045 
東京都北区赤羽2-8-2 
いさみやビル4F
赤羽駅北改札口から東口方面へ
徒歩5分

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間
受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日