〒115-0045 東京都北区赤羽2-8-2 いさみやビル4F

無料相談受付中
受付時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝日

お見積り依頼やご相談はお気軽に

「収益性」

成長著しい観光産業の「収益性」

世界のTOKYOの「資産性」

転用可能による「安全性

観光産業は21世紀最大の成長産業

日本の旅行消費額がGDP比5%と低水準

 昨今、日本への訪日観光客数の伸びがニュースに取り上げられており、日本だけの現象とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は観光産業は世界GDPの10%以上を占め、「21世紀最大の成長産業」と予測されております。

 世界経済において市場規模は自動車産業より大きく、エネルギー、化学産業に次ぐ「第三の基幹産業」という位置づけです。

 一方、日本経済における観光産業は GDPのわずか5%に過ぎず、まだまだ伸び代が期待できます。

 日本の、人、文化、観光資源を世界にアピールする最高の舞台となる 2020年のオリンピック・パラリンピックを控えています。

 訪日観光客数を2020年に4000万人、2030年には6000万人にする目標を掲げ、ビザの戦略的緩和や空港ゲートウェイ機能の強化などさまざまな取り組みを行っています。2025年大阪万博、IR(カジノを含む統合型リゾート)の開発など国際的な観光拠点とするための目玉政策もインバウンド需要を増大させる柱になると期待されております。

 「観光立国」をめざしたさまざまな政策の取り組みは、やがて「観光大国」になるための第一歩に過ぎないのかもしれません。

 
東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

引用:首相官邸政策会議資料

政府が掲げる目標
  2020年 2030年
訪日外国人旅行者数 4000万人 6000万人
訪日外国人旅行消費額 8兆円 15兆円
地方部での外国人延べ宿泊者数 7000万人/泊 1億3000万人/泊
外国人リピータ数 2400万人 3600万人
日本人国内旅行消費額 21兆円 22兆円

アジアの新興国がけん引

ビザ発給要件の緩和で増えた訪日客

 タイ、マレーシア及びインドネシアといった東南アジア諸国も経済成長著しく、ビザの緩和、免税制度拡充、さらに為替が円安方向に動いたことなどの影響によって訪日観光客が押し寄せています。

 経済成長により東南アジア諸国の経済的な中間層の人口が増え、将来的には世界の中間層の6割がアジアの中間層になると予測されています。

 近い将来、世界の中間層の消費ランキングにインド、インドネシアがトップ10にランクインし、世界の消費を支えていくでしょう。

 つまり、海外旅行は一過性のブームで過熱状態にあるのではなく、この後も10年、20年と続いて行くことが予測できます。

 アジアにはまだまだ成長しているベトナムやラオス、ミャンマー、バングラデッシュなどの国々もあり、訪日観光客はさらに増加するものと思われます。

 

シニアの需要も増加

東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

シニアカップルの旅行者

 東南アジアからの訪日観光客は買い物を目的とされる方が多く、ビジネスホテルの引き合いが強まっています。ホテルは寝るだけで十分と考える方はビジネスホテルの居心地がいいようです。

 インバウンド需要だけではなく、団塊の世代の方々が定年を迎え、旅行を楽しむ機会が増え、宿泊施設の稼働率を上げる要因になっています。

 
 

新宿、渋谷、浅草...だけではない

東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

「アートの街」江東区の清澄白河

 外国人にとってアピールになる駅は「浅草」「新宿」「原宿」「渋谷」「銀座」「秋葉原」「池袋」「上野」「六本木」くらいではないでしょうか。

 地上と地下に網目のように張り巡らされた東京の交通網は、東京観光でさまざまな名所や繁華街に行くのに速くて便利です。宿泊施設の需要は意外な駅に眠っている可能性があります。

 
 
 
東京,アパート,ホテル,民泊用,一戸建て,投資用,不動産,民泊巧房

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

住所

〒115-0045 
東京都北区赤羽2-8-2 
いさみやビル4F
赤羽駅北改札口から東口方面へ
徒歩5分

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間
受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日